BIGLOBE SIMのキャンペーンを利用して乗り換えよう!

BIGLOBE SIMの通信速度

BIGLOBE SIMの回線網は、docomoの375Mbpsという高速な通信回線を採用しています。通信スピードについては、ドコモの回線を利用しているのであれば、通信速度もつながりやすさも安心ですよね。ドコモの回線を使っているのに料金が安くてすむことは、BIGLOBE SIMの素晴らしいところです。MVNO・格安スマートフォンのようなサービスは今後さらに広がっていきそうです。

BIGLOBE SIMの通信制限

どのMVNOでも変わりませんが、利用者全てが平等に使えるように、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられていました。直前の72時間の通信データについて容量を通算した結果、一定の限度を越えてもなお、アクセスし続けようとする利用者に対して、速度が規制されていたのですが、直近3日間での通信制限が撤廃されたのです!つまり、BIGLOBE SIMの格安スマホでは、直近72時間の通信料を気にする必要は、ありません。3日制限撤廃は本当に嬉しいですね。

BIGLOBE LTEの特徴

BIGLOBE SIMとは、格安SIMや格安スマホを取り扱っているサービスでMVNOの一つです。キャリアからの乗り換えなら、月々のスマホ代をかなり抑える事ができるお得なサービスです。現在話題となっているのが、月々900円で利用できるSIMサービスです。docomo回線を利用しているBIGLOBE LTEは、通話品質、サービスエリアもNTTドコモの利用時と全く変わりません。BIGLOBE SIMだけが行っているサービスの1つ、エンタメフリーというオプションサービスがとても画期的!このオプションサービスを使えば、なんとYouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotify、AWA、radiko.jp、Amazon Musicの合計7つのサービスを、通信量について気にすることなく、制限なしで利用することができます!!これからBIGLOBE SIMへの乗り換えを検討している方の為に、BIGLOBE SIMの速度や解約・店舗情報など、BIGLOBE SIMのすべてを網羅しました。節約出来たスマホ代を何に使いましょうかね。笑

docomoの基地局を使ったBIGLOBEスマホ

BIGLOBE LTEはdocomoの回線を使用して運営されています。ですから通話品質はドコモと同じで、通信エリアもつながりやすさも、ドコモと変わりがないので安心です。docomoで販売されているスマホなら、多くの機種がそのままBIGLOBE LTEでも利用できます。BIGLOBE LTEが販売しているスマホを購入しても、そのまま利用することができます。ドコモのスマホを持ってる人なら、SIMカードの契約だけで全く今までと変わりなく使えるので、無駄に端末代金を支払う必要もないので嬉しいかぎりですね。BIGLOBE LTEとは、ドコモの回線を使いながら月々の携帯代が安く出来るというサービスです。

セットの格安スマホが豊富なラインナップ

BIGLOBE LTEはドコモの端末の大半がそのまま使えますが、もし対応している端末をお持ちではない場合には、対応する端末を購入する必要があります。BIGLOBE LTEのサイトを見ると販売されている端末は、他社と比べて種類が豊富で、これが人気の秘訣でもあります。もちろん、スマホだけではなくタブレットの種類も豊富なので購入する側はじっくり選ぶことが出来ます。

高速通信量の繰り越し

プランごとにデータの通信料は異なりますが、月によってはほんの少ししか利用しないときもあるでしょう。しかしBIGLOBE SIMであれば、使用せずに残ったデータ容量を翌月に加算してお使いいただけるようにしました。一部のMVNOには、残ったデータ通信量の繰り越しサービスの無いものもあり、余った通信量を無駄にしないで翌月に使うことができることは、BIGLOBE LTEの優れた点です。月々の携帯代が安い上に、無駄なくデータ通信量も使えるのはポイントです。

通話料がお得になる、BIGLOBEでんわ

BIGLOBEでんわは、通常の通話料が半額になるサービスです。IP電話ではなく、プレフィックス型と言われる通話サービスなので、電話をかけたときにはその番号が相手側に通知されるのです。もちろん、相手方には、普段使っている携帯番号が通知されます。電話を受ける側からすると、普段と何の変化もないのです。IP電話サービスですと、非通知発信が多いですし、相手方に050番がよく通知されますので、使い勝手はあまりよくないのですが、「BIGLOBEでんわ」ではそのような煩わしさはありません。通話しホーダイのサービスも開始となりました。

3分かけ放題とは?

大手携帯会社、AU、Softbank、docomoは、カケ放題がありますが、最近話題になっているMVNOのそのほとんどは、通話し放題プランは提供していません。MVNOの格安スマホは気になりますが、電話を掛けることが多いので逆に高くなってしまいそうだと心配される方でも安心できるサービスです。BIGLOBE LTEに新しく登場したプランは、月々650円の料金で3分以内の国内通話ならば回数無制限で利用できます。詳細としましては、今まで通りの電話回線を使うので、BIGLOBEでんわと一緒で、番号通知サービスもできるので、いつも電話をするコマンドや動作と何も変わらないので、難しい事はなく電話し放題になるとゆうメリットしかありません。BIGLOBEでんわの場合、1分通話すると約21円ほどかかりますので、毎月35分ほど電話をかける,という方には最適な通話サービスだと思います。

最大60分の通話が無料!通話パック60とは?

BIGLOBE SIMには、3分かけ放題がありますが、それとは別に、「通話パック60」というサービスがあります。これは、1,200円(最大60分)の無料通話が月々650円でついてくる嬉しいサービスです。また3分以上通話することはあまりない!という方には、おすすめは「3分かけ放題」ですが、たまには長電話することもある!という方なら、通話パック60の方がかなり使い勝手が良いです。自分の使い方に適した通話オプションを組み合わせて下さい。

最初のひと月は無料なのも嬉しい

BIGLOBE LTEでは格安スマートフォンやSIMを契約すると、契約した最初の1ヶ月、無料で使えるということにあります。ここで言う最初の一ヶ月とは、SIMカードやスマホ本体を手にした日を含む月のことです。到着する日次第ではありますが、丸一ヶ月無料になることもあるんです!ですが、今使っているスマホについても料金や解約料の支払いなどが生じるはずですから、月の初めまで待つのが果たしてオトクなのかということもあります。よく検討してみてください。

BIGLOBE SIMの月額と解約

BIGLOBE SIMをご検討中の方にご利用料金と初めにかかる費用についてご案内申し上げます。他社のスマホ代や携帯代を参考に、どれくらい通信料を低く出来るかお考え下さい。では、BIGLOBE LTEの料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

BIGLOBE LTEの料金・初期費用

BIGLOBE LTEの料金は、データ専用SIMと音声機能付きSIMのどちらかを選ぶことが出来ます。通話SIMには070/080/090番号が使えるというメリットがあるので、普通のスマホと同じように、携帯電話としても使いたい場合は、音声通話付きSIMを選んでください。データ専用SIMを選択すると使えませんのでご注意ください。音声通話SIMの料金は、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプランで1,600円、6GBプランで2,150円、12GBプランで3,400円、20GBプランで5,200円、30GBプランで7,450円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、3GBプラン:900円、6GBプラン:1,450円、12GBプラン:2,700円、20GBプラン:4,500円、30GBプラン:6,750円となっています。

プランの内、ベーシックプランは、200Kbpsの低速通信だけ使い放題になるプランで、それ以外のプランはヘビーユーザーでも安心のドコモの262.5MbpsLTE高速回線が使えるプランになっています。購入に必要なイニシャルコストはたったの3,240円。あと費用がかかるしたら、端末が必要な人に対してその端末代金になります。

BIGLOBE SIMの解約縛り

BIGLOBE LTEの解約制限と違約金に関して、まとめましたので、ご紹介します。データSIMについては縛り期間がないため、契約期間を気にする必要はありません。解約に要する費用は掛からない為、お好きな時に気兼ねなく解約できます。音声通話SIMは、最低でも12か月はご利用していただかなければなりません。もし、12か月経過する前に途中解約するとなると、解約違約金8,000円がかかってしまいます。大手キャリアと違って、契約期間が自動更新されず、1年以上経てばいつ解約しても良いので、安心です。

【期間限定】キャンペーン

Continue Reading

格安スマホ「mineo」 料金詳細と解約縛り・速度制限

mineo

mineoの回線スピード

mineoのデータの通信速度を、ご紹介しましょう。docomo回線のDプランでは、225MbpsのLTE回線で高速データ通信が可能ですし、Aプランでも、AU 4G LTEの最大225Mbpsの回線です。実際の通信速度に関しては、他方でも様々紹介している通り混雑時において、キャリア契約の回線の通信速度には敵いません。圧倒的な通信速度を求めるのであれば、キャリアとの契約をお勧めることになります。毎月の利用料金が安いので、コスト重視をする人にとっては、mineoなどの格安スマホは有益な存在だと思います。

mineo Aプランにおける通信制御

どのMVNOでもそうですが、契約者が公平で快適な通信が行えるように、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。直近72時間のうちにどれだけデータ通信を利用したかによって、 規定のデータ通信量を超えた利用者に対し、200Kbpsという低速通信を適用します。3日あたりの通信容量がパックプランの容量未満になれば、通信速度制限は自動的に解除されます。相当なヘビーユーザーでない限り、通常の使い方をしていれば通信速度制限をされることは殆どありません。各料金プランごとの規定容量は規定されていないようで、Aプランは、各プランともに、直近72時間で1GBが規定値となっています。

mineo Dプランにおける3日間制限

mineoのドコモ回線プランでは、過去3日間の通信量が一定量を超えたら通信スピードが遅くなってしまう3日制約というものがありません。日によって、データ量の使用量にムラがあるといった人は、契約に関しては、AプランよりDプランの方が毎日の通信量を気にすることもなく、安心して使い続けることができます。自分の使い方ってどんな感じだったっけ。といったことも考えて、どちらのプランにするか考えてみて下さい。

マイネオ月額料金と解約

mineoの使用を検討するために、料金形態や通信速度について紹介しましょう。お使いのスマホ料金と比べながら、通信代がどれくらい安くなるのか、これを読んでわかってもらえたらな。と思っています。それでは、早速、mineoの料金プランを見てみましょう。

mineoの料金プランまとめ

マイネオの料金プランは、SIMはデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2つに分かれます。音声通話可能なSIMは今まで通りの070/080/090から始まる電話番号が使えるので、これまで通りの携帯電話と同じように使いたい場合は、データ専用SIMでなく、音声通話SIMを選択する必要があります。通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円

です。

データ通信専用SIMの月額費用は、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの契約縛り

mineoの解約制限について、説明していきます。mineoはMVNOの一つですが、2年縛りなどの契約期間の縛りがない為、mineoはにはそのような縛りがありません。格安スマートフォンを体験してみたいという人にとっても、違約金について考えなくて良いので、最も適しているMVNOと言えます。ただ、MNP転出を1年以内にする場合には手数料が求められ、12,420円が必要です。音声SIMで契約の場合にMNP転出しようとする時は、このことだけは気をつけておきましょう。

mineo格安スマホの特徴まとめ

mineo(マイネオ)はdocomoの回線とauの回線のどちらでも使える格安スマホです。キャリアから乗り換えるのであれば月々の料金が大幅に安くする事が出来るMVNOです。mineoを利用すれば、月々1,310円という低料金でスマホを持つことができます。このマルチキャリアというのは、国内初であり、ドコモプランとauプランを選ぶことができるMVNOです。速度や品質等もdocomoやAU同等なので、不満なく利用できるでしょう。それでは、mineoのキャンペーンやプラン変更まで、すべてをまとめてみました。ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

docomoとdocomo・AUのネットッワークを利用した激安なスマホ

格安スマホサービスのmineoはdocomo回線、AU回線を利用出来るプランを用意しております。docomoとauのそれぞれの回線を利用しているので、音質はもちろん、電波のカバー範囲もdocomo、AUと全く同じになります。docomoやauのスマホならそのまま使えることも多く、新しく買い換える必要はありません。新たに高いスマホ本体を買い換えずに、乗り換えができるのはいいですよね。無論、mineoでセットで売られている格安スマホを買って利用することもできます。高品質のキャリア回線を低単価で利用出来るうえに、docomo回線とAU回線でお好きな方を選んで契約ができます。お選びになるプランによっては料金が違ってきますので、それらの点に注意しながら比較検討することをおススメします。

VoLTEプランあり

VoLTE対応プランを取り入れたことで、注目を浴びているのがmineoです。「VoLTE」は、従来の音声通話の音質を改善した、最新の音声通話の名称のことです。今までは、300Hz~3.4kHzまでの音質しか届けることが出来ませんでした。このVoLTEでは、50Hz~7kHzまでの音が拾えるようになっています。要するに、今までよりも高音質な通話が可能になったということです。これはmineoの大きなメリットの一つになっています。

データ量くりこしOK

ケイ・オプティコムのmineoはデータ量は次の月に繰越もできるようになっており、月によってデータ通信量に差がある方にも、気にせず使えるので、とてもいいですね。

mineoスイッチの活用で、データ量圧縮!

また、mineoには、mineoスイッチというものがあり、通信速度を高速または低速に変更することができます。ムダなデータ容量の消費を抑えることが出来るので、便利ですね。Wi-Fiとmineoスイッチを組み合わせると、より低額なプランで済ますことも可能だと思います。倹約家の方にはオススメのスマホです。

期限近し!期間限定キャンペーン

Continue Reading

格安スマホ「IIJmioみおふぉん」 料金詳細と解約縛り・速度制限

iijmio

IIJmio みおふぉんとは?

MVNOサービスを提供している、株式会社インターネットイニシアティブの「みおふぉん」についてお教えします。格安SIMサービスを提供している企業のなかでも、古くからサービスを提供しているのがこのインターネットイニシアティブジャパンで、格安SIMが世間に広まる以前から利用しているユーザーならば、IIJmioという機種を耳にしたことがあると思います。2015年に実施された「格安SIMアワード2015」という顧客満足度調査にて、最優秀賞を受賞いたしました。最優秀賞を獲得した大きな理由は、安定した通信スピードを実現し、かつ親切丁寧な顧客サポートであると考えられます。早速ですが、IIJmioの料金や解約について、まとめましたので、格安スマホで節約したお金で何買いますか?

docomoの基地局を利用した格安SIMサービス!

IIJmioはリーズナブルなスマホサービスを提供していますが、そこではdocomoの回線を用いています。スマホを利用する以上は、通話の品質などは重要ですが、もちろんそれはドコモと殆ど変わりませんし、サービスエリアの広さやつながりやすさもドコモと同じで、安心感があります。既にdocomoのスマホをお使いの方にも朗報です。docomoのスマホであれば、IIJmioでもそのまま使うことができてしまいます。勿論、本体も必要となった場合にはIIJmioからSIMカードとセットでの購入プランも用意されています。もともとNTT docomoのスマホをお持ちの方なら、端末を購入する必要がないので、機種変更の費用を抑える事ができるので、気軽にサービスを利用できるメリットがあります。この様なメリットを勘案すると、IIJmioはdocomoの回線を利用した、格安で安定した高速通信サービスであるといえます。

初速バーストでさらに快適な低速通信

IIJmioには、バースト転送機能が備わっています。これから、このバースト機能についてご説明させていただきます。『バースト』という機能は、低速通信時に、最初の数秒だけ高速通信を行い、ウェブページを少しでも早く表示させようとする機能です。この機能を搭載してることにより、低速通信をするときのインターネット接続が速くなるので、利用時にストレスを感じる事も減少するため、ストレスの無いインターネット利用が可能になり、バーストは人気の機能です。なお、この機能を導入済みなのは、IIJmioとDMMモバイルだけなのが現状です。

データ通信量の翌月繰越

プランごとにデータの通信料は異なりますが、データ通信の使用量が少なかった月は、残ってしまうこともあるでしょう。IIJmioはこういった場合でも、余った分を翌月に繰り越すことが出来ます。すべてのMVNOがデータの繰り越し機能に対応しているわけではないので、こういったサービスを提供しているIIJmioは、なかなか優秀だといえます。格安スマホでも、効率的に毎月のデータ量を消費できるに越したことはありませんね。

ファミリーシェアなら、最大10枚!

ファミリーシェアを提供しているIIJmioですが、SIMカードが最大で10枚まで利用できます。自分だけでなく家族の分も、更におじいちゃんやおばあちゃんの分までカバーできるので、今使っているスマホ代から圧倒的にお安くなります。家族が1人1台は携帯を持つ時代、家族全員の携帯代を考慮すると、現在ご利用の携帯料金よりもさらにお安く利用できるので大きく節約できると思います。これを機に、家族みんなIIJmioのファミリーシェアで驚きの格安の世界を実感してみましょう。IIJmioは格安スマホを初めて利用する方に対してもサポートに自信があり、多くの利用者から安心できるという定評を得ています。更に子供用としても、キッズスマホとして使える安心の「みまもりパック」もあるので何の不安もなく使わせることができます。

IIJmioの通信スピードに関して

みおふぉんとは、MVNOの一つで、docomoからLTE回線を借りて、最大225Mbpsの高速通信サービスを提供しています。docomoの回線を利用しているため対応エリアの広さ、回線速度には安心感があります。また、実効速度も高速で安定していて、レビューなどの評価から総合的に判断しても、さすがは人気MVNOと言えるだけある、高評価を得ている事が多いようです。速くて安い格安スマホを利用したいのであれば、うってつけなのがIIJmioと言えそうです。

IIJmioにおける3日制限について

IIJmioでは、低速通信時の注意点としては、使用条件によっては速度制限がかかってしまうことがありえます。具体的には、直近3日間(当日は含まず)の通信量が合計366MBを超えてしまった場合です。しかし、高速通信を利用している場合には、その規制の対象にはなりませんので、安心できますね。通信回線が一度に送れるデータ量にはどうしても制限があるものですから、利用者が公平に使うための知恵が求められるわけで、データの通信量が多くなりすぎた利用者は通信の速度を制限されます。現時点までの3日間で使用したデータ通信量を計測し、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、速度制限措置が取られます。200Kbpsの速さとなります。直前の72時間の通信データ量が一定の値よりも下がり次第、制限は特に手続きの必要もなく解除されます。この規定量は一般的な利用であれば、超えることはあまりまりません。

IIJmio料金プラン

IIJmioの料金プランや速度について、解説していきます。今、月々いくらぐらいスマホ代がかかっていますか?どこまで安くなるのか、どっちが安いのかを、参考にして頂ければ幸いです。ということで、月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

みおふぉんの料金・初期費用

みおふぉんの料金プランに関しては、SIMにはデータ専用と音声通話付きの二通りがあり、それぞれ料金が別になっています。音声通話機能付きSIMだと090や070、080といった携帯で使っている番号が使えるので、普通の携帯電話としても使いたいときには、このまま音声通話SIMを選択してご利用ください。音声SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円となっています。

データ専用SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円となっています。

解約違約金

違約金、これは事前に把握しておきましょう。IIJmioのデータSIMについては、最低の利用期間の設定はありません。お勧めするものではりませんが、例えば最初の一ヶ月のみ使ってすぐ解約しても、手数料に類するものは一切取られないわけです。一方、音声通信SIMには、最低12ヶ月という契約縛りがあるのです。もし、12か月経過する前に途中解約するとなると、解約手数料として、9,000円が発生してしまいます。キャリアと違うのは、縛り期間が自動更新されない点で、13ヶ月以上利用すればいつでも解約できますし、違約金もかかりません。

IIJmioの評判

IIJmioのメリットを挙げるなら、サポート満足度の高さと老舗MVNOとしてのブランド力が挙げられます。顧客満足度調査で行われた、SIMアワードでの賞を受賞することからも格安SIMユーザーの投票で決まるので、IIJmioの顧客満足度の高さが証明されたと言えます。電話で直接サポートしてくれたりもするので、格安スマホへの乗り換えを躊躇している方も、安心して使えるMVNOであるといえます。

安定した高速通信と手厚いサポートが動画視聴にも

IIJmio(アイアイジェイミオ)がMVNOの中でランキング上位にきている理由を見ると、口コミの評価が高いのは まずイライラしない高速通信速度と初心者にも親切なサポートでした。顧客満足度調査でわかるようにIIJmio(アイアイジェイミオ)が総合部門で堂々の第1位を獲得しています。このことから、IIJmioは安心してオススメできるMVNOであると言えると思います。現在あるMVNOの中でも、老舗としてのブラント力が強いMVNOであると言えます。基本的に、口コミなどでの評価・評判の良いMVNOですので、今後、格安スマホを検討している人にとっては、必ず検討しておきたいMVNOだと言えるでしょう。

【キャンペーン情報】みおふぉんキャンペーン

Continue Reading

格安スマホ「DMMモバイル」 料金詳細と解約縛り・速度制限

dmmmobile

DMMモバイルの速度

DMMmobileは、数あるMVNOの中でも、docomoの4GLTE回線を使用しています。つながる範囲や回線スピードには、docomoの回線ならではの信頼感があります。通信速度についても高速で、かつ非常に高い安定性があり、ネットなどではユーザーからの評判なども、かなり良い評価を受けているのではないでしょうか。月々の料金を節約し、かつ高速通信ができる格安スマホを探しているならば、うってつけなのがDMMモバイルと言えそうです。

DMMモバイルでの72時間制限に関して

DMMモバイルは、低速通信環境で接続をしている場合、直近3日間に利用された通信量によっては、帯域制限の対象となり通信速度が制限されることがあります。高速通信を利用している時には、3日間に利用をしすぎてしまっても制限はかかりませんので問題ありません。ユーザーが平等にデータ通信を行えるように、データの通信量が多くなりすぎた利用者は通信の速度を制限されます。使用した直近の3日の間においての利用通信量で計算されて、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、通信速度が規制されます。直近3日間の通信量が規定値を下回れば、自動的に解除となります。普通に使っている容量であれば、そんなに制限がかからないと思います。

DMMモバイル評判

DMMモバイルはMVNOの中でも、月々の料金のお手頃感と高速通信の安定性が両立されていることです。安定したネット環境で安く利用したいという方には、とてもおすすめなMVNOと言えそうです。まわりで使っている人の意見を聞いてみても、その2点が、安さと速さにあるようです。

安定した高速通信がヘビーユーザーにも良し

MVNO関連のレビュー記事を見ていて、DMMモバイルに対しての記事でよく見かけるのが、安定性の光速通信の実際の速さについてです。お手ごろな月額料金に加えて速度も申し分なく、DMMモバイルの人気はMVNO各社の中でも更に頭一つ抜けて高まってきているようです。さらに、DMMポイントが10%も還元されるので、値段と速度を重視する方には、お得度の高い格安スマホと言えるでしょう。DMMモバイルの格安スマホ!スマホデビューにオススメです!

DMMmobile月額費用と解約

DMMモバイルの料金プランや速度について、解説していきます。今、月々かかっているスマホの料金から、どのくらい通信量がお得になるのかを、よく見比べて比較検討の材料にしてみて下さい。どれぐらい節約できるのか、DMMモバイルの料金プランを見てみましょう。

DMMmobileの料金プラン・初期費用

DMMモバイルのプランは、データ通信のみが出来るSIMとデータ通信も通話も出来るSIMの2種類分かれておりそれぞれ料金が異なります。音声通話ができるSIMには、070・080・090から始まる番号が利用できるので、SIMをこれまでの携帯電話と同様に通話用として使いたいときには、データ通信SIMではなく、音声通話SIMを必ず選択してください。音声通話SIMの月額プランは、ライトプラン:1,140円、1GBプラン:1,260円、2GBプラン:1,470円、3GBプラン:1,500円、5GBプラン:1,970円、7GBプラン:2,560円、8GBプラン:2,840円、10GBプラン:2,950円、15GBプラン:5,270円、20GBプラン:6,790円:す。

データ専用SIMの料金プランは、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円となっています。

DMMモバイルの最低利用期間について

最低利用期間について、説明していきます。DMMモバイルのデータSIMには最低利用期間がありません。お勧めするものではりませんが、例えば最初の一ヶ月のみ使ってすぐ解約しても、手数料に類するものは一切取られないわけです。音声通話用SIMをお使いの場合は、さすがにそういうわけにもいかず、少なくとも12ヶ月間は契約を続けることが前提になっています。12ヶ月以内に解約をした場合は、解約手数料9,000円取られますのでご注意ください。他の大手キャリアには無い嬉しいサービスとして、縛り期間が自動更新されないので、13ヶ月経過すれば、無料解約月まで待つ必要がないのは便利です。

DMMモバイルの特徴まとめ

人気のあるMVNOの一つであるDMMモバイルは、ご存知の方も多い動画配信サイト「DMM.com」運営の格安スマホサービスです。業界で最安値を打ち出しているという点が、DMMモバイルの最大の強みとなっています。安い月額料金を重視するのであれば、MVNOがお薦めです。通信回線の速度と安定度も抜群であり、インターネットを毎日も生活の快適な時間を過ごして頂けるます。DMMモバイル等、格安スマホへの乗り換えを検討している方の為に。DMMモバイルの速度や解約・店舗情報など、DMMモバイルのすべてを網羅しました。少しお付き合い頂ければと思います。

docomo同エリアの激安なスマホ

オンラインレンタルで知られるDMM.comのもう一つの顔である、「格安スマホ・SIM」サービスを提供する「DMMmobile」は、通信回線はNTTドコモのものを使っています。
そのため、docomoとう同様の高品質な通話品質となっています。サービスの範囲も広く、回線も安定しております。これまで使用していたdocomoのスマホであれば、DMMモバイルでもそのまま使うことができます。DMMmobileがセットで購入をお勧めしているSIMフリーのスマートフォンを買って使うことも無論可能です。SIMカードだけをDMMモバイルにおいて契約すれば、docomoで購入した機種をそのまま継続して利用できるので、すでに端末をお持ちの方は端末代がかからないという点でも、通信費が節約できますね。DMMモバイルは、格安スマホサービスです。docomoの信頼のクオリティをそのままにスマホが使える、賢いあなたにぴったりのとってもお得なサービスです。

iPhoneが分割可能!

DMMモバイルでは、iPhoneを購入するときに分割払いで購入できることが大きな特徴の一つです。その他のMVNOでは、ほとんど外国製の格安な機種のみが取り扱われており、国産の高級機種XperiaやiPhoneは、扱っていないのが現状です。しかしDMMモバイルはiPhoneも取り扱っていて、最新のiPhone6も取り扱っています。 iPhoneを分割購入したいのならば、DMMモバイルという選択肢が最有力候補になります。月々の料金は安く抑えたくて、iPhoneもセット購入したい方なら、是非、DMMモバイルの申し込みを検討してみてください。ただし、DMMモバイルのiPhoneは非常に人気が高く売り切れの場合が多いので、日々在庫確認をして、在庫がある内にて、極力早めに申し込み手続きをするのが良いでしょう。

余ったデータ通信量の繰り越し

プランによって高速通信量は変わりますが、その月によっては、使用した容量が少なかったりなどで、余ってしまう月があるのではないでしょうか。話題の格安スマホ、DMMモバイルでは、残ったデータ転送量や容量を翌月分に計上して使用することができます。MVNOの中には余ったデータ通信量を翌月に繰り越せないものもあるので、データ容量を持ち越せるという点が、DMMモバイルのアドバンテージの一つとなっています。残ったデータ容量を繰り越し事ができれば、サービスを余すところ無く利用できるので、支払う料金以上の価値があると思います。

MNP即日可能

DMMmobileでは、現在利用している携帯電話番号をそのまますぐに利用できる即日MNPにも対応しています。MNP届け出方式によりDMMモバイルでは、届け出方式ではインターネットを利用した簡単な手続きのみで、スマホ利用が不能になる期間を生じさせることなくMNP切り替えができます。今までは、お店まで行かないと即日MNPには対応出来ませんでしたが、DMMモバイルのMNP届け出方式なら、時間を気にせず自宅や出張先でさえも即日MNPが可能となっています。MNPの申し込み時に回線を使用できなくなる空白期間が心配で、乗り換えをためらっていた方も、これで安心して乗り換えができますね。インターネット上での手続きはとても簡単で、手元にSIMカードが届いたら、DMMモバイルの会員専用ページを開いて回線切り替えボタンを押すだけです。今まで障害となっていたMNP転入時のストレスが解放され、ますます多くの方に格安スマホを使っていただけるようになりました。

ずっと10%還元、DMM.comのポイントが毎月もらえる

DMMモバイルを使っている間中、月々DMMポイントがが10%還ってくるという、節約家にもってこいのキャンペーンが開催されています。毎月の月額料金はもちろんのこと、通話料やオプション利用料なども対象なので、たいへんお得な見逃せないキャンペーンになっています。
他の携帯会社と比べても、月額料金が安いモバイルなのに、さらに、10%のポイントバックがつくので、価格と性能との兼ね合いからみても、抜きん出た存在であると言えます。節約志向の方にとっては、なんとも有り難いMVNOですね。

話題のバースト機能│低速時がより快適に。

DMMモバイルではバースト転送を使うこと出来ます。まだ聞いたことがないという方には、ぜひとも知っておいて頂きたい機能なので解説したいと思います。DMMモバイルのバースト機能は速度制限がかかっている状態でも、最初の3秒間ほどは高速のデータ通信を行えるもので、サイトのページが速く表示される機能なのです。バースト機能により、低速状態でも表示速度が速くなるため、ページの切り替えがスムーズになり、インターネットをより快適に使える、多くの方々に満足していただいている機能です。残念ながら、このバースト機能は、IIJmioとDMMモバイルにしか無いようです。

【終了日間近のキャンペーン】

Continue Reading

格安スマホ「ユーモバイル」 料金詳細と解約縛り・速度制限

ユーモバイル

Umobileのチェックすべき項目

格安スマホや格安SIMを提供するMVNOで人気なのがUmobileですが、動画配信サイトでよく知られているU-NEXTが運営しているMVNOです。U-NEXTは2015年に東証一部上場して一段と大きくなって、信頼性も高いですし、一気に人気MVNOまでなりました。何より、LTE回線の使い放題プランが用意されているという点が非常に珍しい特徴となっております。格安に高速回線を使い放題したい方は、Umobileがおすすめです。さてさて、Umobile人気の秘訣をまとめてみました。楽しく読んで下さいね♪

docomoの基地局を使った格安スマホ!

Umobileはdocomoの回線を使用しています。だから通話品質もdocomoと同じクオリティーですし、通話エリアについても全く同等につながるので、乗り換えについての心配は不要です。
端末はdocomoのスマホならばたいていの機種がそのままUmobileの端末としてご利用できます。もちろんUmobileでもスマホ本体も販売しているのでSIMと本体、両方セットで購入することだってできます。docomoのスマホを利用している方であれば、SIMカードを契約するだけで使うことができますので、値の張る本体を新しく購入する分のお金が節約できるのが朗報ですね。スマホにかけるお金は減らしつつ、それでもdocomoの回線で安心に便利にオトクに、それがUmobileです。

LTE使い放題プランがある

Umobileでは、格安でありながら「LTE使い放題」プランが用意されており、他のMVNOで同じプランは見たことがないので、他社はない人気プランがUmobileの人気を押し上げた要因となっています。LTE高速回線を使っている人にとっての悩みといえば、通信が高速なだけにすぐに通信容量の上限に達しやすいということがあると思いますが、速度制限や通信制限を気にせず使えると言うのは、とても魅力的なプランです。LTE使い放題プランの料金は月額2,730円から設定されており、U-NEXTポイントが毎月400ポイント付与される特典もあります。月額料金を大手キャリアと比較すると、UmobileのLTE使い放題プランの安さを実感していただけると思います。通信量を気にしているスマホユーザーにとっては、このサービスは強い味方ではないでしょうか。下り最大225Mbpsの通信速度は、ネットサーフィンやストリーミング動画の視聴に最適で、これらを頻繁に行う方には大いにプッシュさせていただきたい格安スマホです。
Umobile公式サイトには料金プランや利用までの流れが記載されているので、興味をお持ちの方はご覧になって下さい。

即日MNP可能

Umobileは、即日MNPにも対応しており、今までの番号を使い続けるのも簡単です。これは、MNP届け出式という方法を取り入れているので、ネットで簡単に手続することができ、SIMカードが使えない期間なしに、転入が可能になりました。以前は、即日MNPをするためには実店舗に赴くことが不可欠でしたが、現在では自宅などでも直ちにMNPが利用できるようになっています。出張先でも手続き可能です。仕事などの都合で、電話の不通期間を設ける事ができず、乗り換えに消極的だった人も、安心感をもってMNP手続きに臨めます。手続きは、SIMカードが到着したらマイページの回線切替ボタンをクリックするだけで非常に簡単です。これによりMVNO転入時のMNP空白期間が解消され、格安スマホをより一層普及させることになりそうです。

Umobile評価

Umobileの1番良い点は、通信料を気にせず使える使い放題プランでしょう。LTE回線を使用した高速通信が容量制限なく使えるというのは、他の携帯会社では考えられないサービスです。このプランをうまく活用して、他社から乗り換えることで、毎月のスマホ代を大幅に節約しながらストレスのない通信を楽しめることでしょう。

通話プラスなら、U-NEXTポイントが毎月!

今、人気急上昇中の動画配信サイトU-NEXTで使える、U-NEXTポイントが毎月加算される嬉しいメリットがあります。LTE使い放題2プランは、毎月400ポイント。その他のプランは、毎月600ポイント貰えます。U-NEXTで1本視聴するのに300程度かかる事を考えると、毎月2本くらいは無料で見られると言う事です。大手の動画配信サイトなので、新旧の映画からアダルト作品まであらゆるジャンルの動画を楽しむことが出来ます。月々3,000円以下の契約で、400~600ポイントもらえるというのは、かなり高還元ポイントのサービスと言えます。

ユーモバイルの通信速度

格安SIMサービス会社の中でも、Umobileは、docomoの4GLTE回線を使用しています。対応エリアの広さや回線の信頼性には安心のサービスです。

Umobileの3日制限

どのMVNOでもそうですが、契約者が公平で快適な通信が行えるように、データ通信を多く利用した方に対しては、速度に制限を設けております。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、あらかじめ決められた容量を超えたことが分かったユーザーは、速度制限がかけられます。この3日制限は、直近72時間の使用量が下回れば、自動的に制限解除となります。相当なヘビーユーザーでない限り、通常の使い方をしていれば通信速度制限をされることは殆どありません。Umobileの場合、規定量が公表されていないです。

ユーモバイル料金と初期費用

U-mobileの月々の利用料金と、その他かかる費用について説明します。今現在利用しているスマートフォンの利用料と比べながら、通信費用をどの程度カットできるのか、読んでみて、あなたの考えをまとめる手がかりとして下さい。それでは、早速、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

Umobileの料金プラン・初期費用

Umobileの料金は、今話題の格安SIMは、大きく分けてデータ専用SIMと、音声通話可能SIMがあり、料金も異なります。データ通信専用SIMは専用のアプリを入れなければ基本的に通話ができませんし、いろいろと制約も多くなります。一方音声通話SIMならば、070/080/090で始まる電話番号が利用でき、データ通信だけでなく普通の携帯として「声」での「通話」がしたいときには、音声通話専用のSIMを選ばなければいけませんので注意が必要です。音声SIMの月額プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データSIMの料金は、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円です。

音声通話SIMである「LTE使い放題2プラン」は、12ヶ月縛りの契約ですが、毎月の料金が、従来のLTE使い放題プランと比較して、250円安くなるサービスです。

Umobileの契約縛りについて

Umobileの解約縛りと違約金に関して、ご紹介していきます。解約の話ですが、データ通信専用SIMのみをお使いの場合でしたら、最低利用期間については全く気にすることはありません。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。しかし、通話SIMの場合は、6ヶ月間が最低利用期間となっています。もし、6か月経過する前に途中解約するとなると、違約金として6,000円の支払いが必要となります。ただしNTTドコモ、au、Softbankなどとは異なり、縛り期間が自動的に更新されることはないので、7ヶ月我慢できれば、いつ解約しても手数料が無駄にかからないというのはいいですよね。

「LTE使い放題2」プランの解約手数料について

UmobileのLTE使い放題2プランのみには、解約の際に、他の契約とは異なる制限が設定されています。6ヶ月以内で解約するとなると、9,500円の解約違約金が掛かります。ご利用開始月から7ヶ月~12ヶ月以内の解約には、3,500円が必要です。またプランを変更した時も手数料が生じる事になります。利用スタート月から11ヶ月以内にプラン変更の手続きを行った場合は、3,500円を支払う事になるのです。上記のとおり、他のプランとは異なる点がいくつかございますのでご注意ください。以上のような制限がありますが、月々の費用が250円安くなるメリットもあるので、12ヶ月以上契約を続ける確証があるのならば、LTE使い放題プランの方がメリットが大きいと言えます。

今月開催中のキャンペーン

Continue Reading

格安スマホ「UQモバイル」 料金詳細と解約縛り・速度制限

UQモバイル

UQモバイルの回線スピード

MVNOがいろいろとある中でUAモバイルは、通信速度の速さで好評を得ています。これは、格安SIMアワード2015でも分かる通り、通信速度部門において、UQモバイルはトップの栄冠に輝いています。何よりも通信速度が最優先だという方には、 UQモバイルが一番後悔しない選択になると思います。UQモバイルを始めとした、格安スマホ、MVNOが広がっていきそうで、今後がとても楽しみですね。

UQモバイルの72時間制限

UQモバイルでは、利用者全てが平等に使えるように、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。どのように算出するかというと、直近3日間に利用したデータ通信の量で計算され、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、200Kbpsという低速通信が実施される事です。通信速度が元に戻るには、直近3日間で使用したデータの量が既定の値より少なければ解除されます。一般的な使い方をしていれば、速度制限が実施されることはほとんどないと思います。UQモバイルの場合、各料金プランごとの規定値は決められておらず、各プラン共通で直近72時間で1GBが規定値に設定されています。

UQmobileのチェックすべき項目

UQモバイルはMVNOの一つで、今注目を浴びている格安スマホが利用できます大手携帯会社のAU、AU、softbankなどからの乗り換えなら、月々のスマホ代がお得になるサービスです。毎月1,680円の使用料で利用できる格安SIMが注目を浴びています。このスマホは、AUと同じ回線を使っているので、AUの電話と同じ品質の通話が可能です。さらに嬉しいのは、UQモバイルの格安スマホ、テザリングが無料という点です。前置きはこの辺にして、UQモバイルのすべてを網羅したつもりです。UQモバイルの長所・短所交えながら、ご紹介します。

AUの基地局を使った格安SIM・格安スマホ

UQコミュニケーションズの提供する格安スマホはAU回線を使用しているのです。ですので、通話の品質はAUと比べてもなんら変わりはありませんし、つながるエリアのサービスの広さにおいては信用が高いのです。これまで使用していたAUのスマホであれば、UQモバイルでもそのまま使うことができます。スマホをお持ちでない方やこれを機に機種変更をされたい方のために、UQモバイルはセットでの販売も用意しています。AUのスマホを利用中の方であれば、UQモバイルのSIMカードを契約するだけで今までと同様に利用することができるのです。高価な端末購入代金を支払う必要がないのは嬉しいことですね。UQモバイルはAUの回線を使用していながら、利用料金を安く抑えることができる格安スマホ・格安SIMサービスなのですね。

VoLTE専用プランあり

VoLTE対応プランがあることで話題となったのが、UQモバイルです。この聞き慣れないVoLTEというものは、従来の音声通話よりも音質が格段に改善された、従来の音声通話に比べて、かなり音質が改善されています。今までは、300Hz~3.4kHzまでの音質しか届けることが出来ませんでした。今回のVoLTEでは、50Hz~7kHzまでと、格段に音域が広がりました。よって、従来品よりもかなり高音質な音声で通話が可能になった事に成ります。VoLTEに対応したことにより、UQモバイルの魅力が更にアップしました。

データ繰越しに対応している

さらに、UQモバイルは、モバイルデータ通信容量のくりこしに対応しており、月によってデータの使い方が多かったり少なかったりする人でも、データ容量を無駄なく使用することができるのが大きな特徴です。UQモバイルには、ターボ機能というものが備えられ、通信速度の高速・低速を選ぶことができます。接続状況によっては、つい無駄にしがちなデータ容量をスマートにコントロールできますので、非常に便利な機能と言えますね。

UQモバイル月額費用と解約

UQモバイルの月々の料金設定や速度について説明していきます。今、月々かかっているスマホの料金から、携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、読んでみて、あなたの考えをまとめる手がかりとして下さい。ということで、月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

Uqmobileの月額プラン・初期費用

UQモバイルの月額プランは、SIMにはデータ通信専用のものと、音声通話付きのものの2種類があります。070/080/090番で始まる電話番号は、音声SIMとなりますので、今まで通りの携帯電話として使いたい場合には、データ通信専用SIMではダメで音声通話機能付きSIMを選ぶ必要があるんです。通話SIMの料金は、データ無制限+音声通話プランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円です。

データ専用SIMの料金プランは、データ無制限プランで1,980円、データ高速3GBプランで980円です。

契約縛りについて

UQモバイルの解約縛りと解約手数料について、まとめましたので、ご紹介します。データSIMについては、最低の利用期間の設定はありません。解約に要する費用は掛からない為、お好きな時に気兼ねなく解約できます。しかし、音声通話SIMは最低12ヶ月利用しなければいけないという規定があります。どうしても解約するまでに1年も待てないという場合、違約金として9,500円が掛かる事になりますので、利用期間も十分考慮する必要がありそうです。大手のキャリアですと、黙っていると契約期間の縛りが勝手に更新されていきますが、こちらは後発だけに、13か月以降に解約した場合は、違約金が掛からないというメリットがあります。

UQモバイルの評価まとめ

UQモバイルの一番の魅力といえば、通信速度の速いMVNOということが魅力の一つになっています。インターネット上でもその性能を評価する声が多く、料金プランについては、MVNOの中でもかなりシンプルな方ですし、
月額料金なども他社と比べてしまうと多少見劣りはしますが、基本的には格安SIMの仲間であり、「安い割に高速安定」を実現している貴重なMVNOです。今後、格安スマホを検討するユーザーにとってもとても有力な候補の一つになるに違いありません。

満足度が高い高速通信

UQモバイルのいちばんのいいところは何かと聞かれると、同業他社と比べて、ずば抜けた通信スピードを誇っている点です。しかも安定しています。さまざまなMVNOを利用している私でも、通信速度が圧倒的に速く通信が安定しているため、よく使っているスマホにはUQモバイルのSIMを入れています。知り合いの間で、お勧めするべきMVNOは何が良いか?と請われたら、私は必ずUQモバイルだと伝えます。料金面で考えると、確かにUQモバイルよりも安い会社はありますが、しかし、総合的に考えるとコストパフォーマンスが高いと思います。

【今月のキャンペーン】UQモバイル

Continue Reading

格安スマホ「楽天モバイル」 料金詳細と解約縛り・速度制限

楽天モバイル

楽天格安スマホのチェックポイント

楽天モバイルとは、格安SIMや格安スマホを取り扱っているサービスでMVNOの一つです。ドコモやauなどのキャリアから乗り換えてのご利用であれば、毎月の料金を大幅に減らすことができるサービスなのです。なんと月々わずか1,250円で利用できるという格安SIMが大変話題になっています。信頼の高いドコモ回線を使っている楽天モバイルは、繋がるエリアや通話の品質などもドコモのスマホと全く一緒です。さらに、楽天モバイル契約期間の間は、楽天ポイントが二倍になるサービスも魅力です。これから楽天モバイルへの乗り換えを検討している方の為に、楽天モバイルの料金や解約について、まとめましたので、ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

docomo回線のお得なスマホ!

通信費用がお得なことで有名な楽天モバイルですが、その特長はNTTドコモの回線を使っているところにあります。楽天モバイルと契約してもNTT docomoの回線を使用するため同じ通話品質を確保することができますし、サービスが使える範囲もdocomoと同じく広範囲で、圏外で使えなくなることも少なく信頼度は高いです。ドコモのほとんどのスマホが、そのまま楽天モバイルで使用できます。

楽天モバイルのSIMフリースマホをセット購入することも可能です。もし、現在docomoのスマートフォンをお持ちでしたら、楽天モバイルのSIMカードを契約するだけで楽天モバイルを利用できますので、わざわざ、スマホを追加購入する必要はありません。信頼のドコモの回線を使えて、今までよりも安価で利用できるお得なサービス、それが楽天モバイルの格安スマートフォンサービスです。

SIMフリースマホの種類がよりどりみどり

現在使用している機種が楽天モバイルで使えない場合は、新たに対応端末を購入することが必要です。楽天モバイルでは端末とSIMのセットを格安で購入することができ、他のMVNOに比べてとても豊富な機種を取り揃えてくれているのでとてもありがたいです。しかもスマホだけでなく、画面の大きないわゆるタブレット端末にも幅広く対応していますので、端末選びに不自由を感じることはないでしょう。ただ、そんな素晴らしい楽天モバイルですが、本体購入を分割払いできるのは、楽天カードを利用する方法しかありません。楽天カードを持っていないとなると、一括払いでしか購入が出来ません。数あるMVNOの中でも機種の豊富さはダントツな点は、大きな魅力です。

あまったデータ量の繰越

どのプランを選ぶかによってデータ通信量は異なりますが、データを全く使わない月もないわけではないでしょう。そういった場合に楽天モバイルでは、余った分を翌月に繰り越すことが出来ます。残ってしまったデータの容量を翌月に繰り越素ことが出来ないMVNOもあるので、繰越し対応というのが、楽天モバイルも大きな魅力のひとつと言えます。データ通信量も無駄なく使うのがベストですから、翌月繰越しは嬉しいサービスですね。

通話料金が半額で済む、楽天でんわ

楽天モバイルが手がけている電話サービスを「楽天でんわ」といいますが、そのメリットはこれまでの通話料金の半額で電話が使えてしまう所にあります。プレフィックス型通話サービスなので、IP電話とは異なり、発信元の番号がちゃんと相手方に通知されます。もちろん、相手方には、普段使っている携帯番号が通知されます。電話を受ける側からすれば、これまでと何ら変わりないやりとりになります。IP電話では番号を相手に通知することが出来なかったり、050番号が通知されてしまったりして、使い辛いと感じる事が多いと思います。その点、楽天でんわは非常に魅力的なのではないでしょうか。楽天でんわ利用時の通話料に対しても、楽天ポイントが加算されるので、より一層お得ですね。これだけじゃありません。

5分カケホーダイ

大手携帯キャリアのNTTドコモ、au、ソフトバンクが通話し放題プランを提供することで顧客を集めようとしているのに対し、MVNOでは、話し放題サービスを提供していないのがほとんどです。MVNOが出している格安スマホにはかなり惹かれるんだけど、かける回数が多いから電話代が跳ね上がりそうで心配だという人もいるでしょう。そんな人にもってこいのサービスが始まったのです。楽天モバイルに新しいサービス、月額850円で、国内通話であれば、始めの5分間が無料で何度でも通話できるオプションが登場が出ました。しかも、このオプションではIP電話を使わずに、電話回線を利用できるので、楽天でんわと同じく、電話をかけた側の電話番号通知に対応しており、特別な違いを感じることなく通話し放題プランを利用できることが一つの売りとなっています。通話し放題サービスはNifMoにもありますが、発信者番号を通知しないケースもあるようです。楽天でんわを使用した際には、通話料が1分21.6円であるため、もし1回5分以内の通話を月に合計で43分以上通話することが多い場合は、オプションを利用する方が賢い選択です。

最初のひと月は無料なのも嬉しい

SIMを楽天モバイルにおいて契約した場合、契約した最初の1ヶ月、無料で使えるということにあります。初めの1ヶ月とはいつを指すのでしょうか。SIMカードあるいはスマホ本体が、自分のところに到着した日を基準としますので、到着がが5月15日とすれば、その日から5月いっぱいのおよそ2週間です。もし1日にSIMカードが届いたのなら、1ヶ月丸々無料になるということです。しかし、お客様が今ご契約中の他社キャリアにおいての解約手数料・支払い・その他もろもろの手続きなどもおありと思いますので、月初めに届くことを逆算し、契約される事が、必ずしもお得になるとは限りません。ご利用は計画的に。

楽天モバイルの回線速度

楽天モバイルの通信回線は、0速度については、ドコモと同じ回線なので、速度の心配はいりませんね。そんなドコモの高速通信回線を格安で利用できてしまうのは、大手携帯3社や他のMVNOと比較しても、楽天モバイルの強みとなりそうですね。今後のMVOや格安スマホのサービスの成長がさらに広がり便利になっていきそうですね。

楽天モバイルの通信制御

キャリアもMVNOもそうですが、どの利用者も平等に通信できるようにするため、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けております。これは、ここ3日間のデータ通信の容量に応じで、定められた容量をオーバーした利用者には、読み込み速度が遅くなる低速モードになります。直近3日間の利用量が、決められた値よりも下がれば、自動で解除されます。この規定量は一般的な利用であれば、超えることはあまりまりません。料金プランごとの規定容量 3.1GBプラン=540MB/3日 5GBプラン=1GB/3日 10GBプラン=1.7GB/3日

楽天モバイルの月額プラン

楽天モバイルの料金プランや速度について、解説していきます。いまのスマホ代と比較しながら、どれだけ通信費が抑えられるか参考にしてみてください。どれだけ安くなるのか、月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

楽天モバイルの月額プランと初期費用

楽天モバイルの月額費用は、SIMカードの種類ってデータ通信しかできないものと音声通話もできる二つの種類があるんです。070や080、090といった番号を使用する場合は、音声通話可能SIMを使うことになるので、今使っているスマホと同じような使い方をしたい場合は、データ専用SIMは、携帯電話としての機能はないので、間違わないように注意してくださいね。音声SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円となっています。

ベーシックプランは、低速使い放題のプランとなっており、ベーシックプラン以外は、低速でなくLTEの225Mbpsの高速回線が使用できるプランとなっています。初期投資はどれも3,240円で、これに端末代がプラスされると考えてください。

楽天モバイルの解約制限について

楽天モバイルの解約縛りと解約違約金について、まとめましたので、ご紹介します。データSIMの場合、2年縛りのような拘束期間がありません。契約を解除したいと思ったら、余計な手数料を支払うことなく行えるのは嬉しいことですね。音声通話SIMは、最低でも12か月はご利用していただかなければなりません。一年以内に解約したい時には、手数料として9,800円を徴収されることになります。大手のキャリアでは、最低利用期間が終了しても、自動的に縛り期間が更新されてしまいますが、最低利用期間を終えての13ヶ月からは、違約金が発生しなくなるのが嬉しいです。

開催中のキャンペーンまとめ

Continue Reading