格安スマホ「IIJmioみおふぉん」 料金詳細と解約縛り・速度制限

iijmio

IIJmio みおふぉんとは?

MVNOサービスを提供している、株式会社インターネットイニシアティブの「みおふぉん」についてお教えします。格安SIMサービスを提供している企業のなかでも、古くからサービスを提供しているのがこのインターネットイニシアティブジャパンで、格安SIMが世間に広まる以前から利用しているユーザーならば、IIJmioという機種を耳にしたことがあると思います。2015年に実施された「格安SIMアワード2015」という顧客満足度調査にて、最優秀賞を受賞いたしました。最優秀賞を獲得した大きな理由は、安定した通信スピードを実現し、かつ親切丁寧な顧客サポートであると考えられます。早速ですが、IIJmioの料金や解約について、まとめましたので、格安スマホで節約したお金で何買いますか?

docomoの基地局を利用した格安SIMサービス!

IIJmioはリーズナブルなスマホサービスを提供していますが、そこではdocomoの回線を用いています。スマホを利用する以上は、通話の品質などは重要ですが、もちろんそれはドコモと殆ど変わりませんし、サービスエリアの広さやつながりやすさもドコモと同じで、安心感があります。既にdocomoのスマホをお使いの方にも朗報です。docomoのスマホであれば、IIJmioでもそのまま使うことができてしまいます。勿論、本体も必要となった場合にはIIJmioからSIMカードとセットでの購入プランも用意されています。もともとNTT docomoのスマホをお持ちの方なら、端末を購入する必要がないので、機種変更の費用を抑える事ができるので、気軽にサービスを利用できるメリットがあります。この様なメリットを勘案すると、IIJmioはdocomoの回線を利用した、格安で安定した高速通信サービスであるといえます。

初速バーストでさらに快適な低速通信

IIJmioには、バースト転送機能が備わっています。これから、このバースト機能についてご説明させていただきます。『バースト』という機能は、低速通信時に、最初の数秒だけ高速通信を行い、ウェブページを少しでも早く表示させようとする機能です。この機能を搭載してることにより、低速通信をするときのインターネット接続が速くなるので、利用時にストレスを感じる事も減少するため、ストレスの無いインターネット利用が可能になり、バーストは人気の機能です。なお、この機能を導入済みなのは、IIJmioとDMMモバイルだけなのが現状です。

データ通信量の翌月繰越

プランごとにデータの通信料は異なりますが、データ通信の使用量が少なかった月は、残ってしまうこともあるでしょう。IIJmioはこういった場合でも、余った分を翌月に繰り越すことが出来ます。すべてのMVNOがデータの繰り越し機能に対応しているわけではないので、こういったサービスを提供しているIIJmioは、なかなか優秀だといえます。格安スマホでも、効率的に毎月のデータ量を消費できるに越したことはありませんね。

ファミリーシェアなら、最大10枚!

ファミリーシェアを提供しているIIJmioですが、SIMカードが最大で10枚まで利用できます。自分だけでなく家族の分も、更におじいちゃんやおばあちゃんの分までカバーできるので、今使っているスマホ代から圧倒的にお安くなります。家族が1人1台は携帯を持つ時代、家族全員の携帯代を考慮すると、現在ご利用の携帯料金よりもさらにお安く利用できるので大きく節約できると思います。これを機に、家族みんなIIJmioのファミリーシェアで驚きの格安の世界を実感してみましょう。IIJmioは格安スマホを初めて利用する方に対してもサポートに自信があり、多くの利用者から安心できるという定評を得ています。更に子供用としても、キッズスマホとして使える安心の「みまもりパック」もあるので何の不安もなく使わせることができます。

IIJmioの通信スピードに関して

みおふぉんとは、MVNOの一つで、docomoからLTE回線を借りて、最大225Mbpsの高速通信サービスを提供しています。docomoの回線を利用しているため対応エリアの広さ、回線速度には安心感があります。また、実効速度も高速で安定していて、レビューなどの評価から総合的に判断しても、さすがは人気MVNOと言えるだけある、高評価を得ている事が多いようです。速くて安い格安スマホを利用したいのであれば、うってつけなのがIIJmioと言えそうです。

IIJmioにおける3日制限について

IIJmioでは、低速通信時の注意点としては、使用条件によっては速度制限がかかってしまうことがありえます。具体的には、直近3日間(当日は含まず)の通信量が合計366MBを超えてしまった場合です。しかし、高速通信を利用している場合には、その規制の対象にはなりませんので、安心できますね。通信回線が一度に送れるデータ量にはどうしても制限があるものですから、利用者が公平に使うための知恵が求められるわけで、データの通信量が多くなりすぎた利用者は通信の速度を制限されます。現時点までの3日間で使用したデータ通信量を計測し、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、速度制限措置が取られます。200Kbpsの速さとなります。直前の72時間の通信データ量が一定の値よりも下がり次第、制限は特に手続きの必要もなく解除されます。この規定量は一般的な利用であれば、超えることはあまりまりません。

IIJmio料金プラン

IIJmioの料金プランや速度について、解説していきます。今、月々いくらぐらいスマホ代がかかっていますか?どこまで安くなるのか、どっちが安いのかを、参考にして頂ければ幸いです。ということで、月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

みおふぉんの料金・初期費用

みおふぉんの料金プランに関しては、SIMにはデータ専用と音声通話付きの二通りがあり、それぞれ料金が別になっています。音声通話機能付きSIMだと090や070、080といった携帯で使っている番号が使えるので、普通の携帯電話としても使いたいときには、このまま音声通話SIMを選択してご利用ください。音声SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円となっています。

データ専用SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円となっています。

解約違約金

違約金、これは事前に把握しておきましょう。IIJmioのデータSIMについては、最低の利用期間の設定はありません。お勧めするものではりませんが、例えば最初の一ヶ月のみ使ってすぐ解約しても、手数料に類するものは一切取られないわけです。一方、音声通信SIMには、最低12ヶ月という契約縛りがあるのです。もし、12か月経過する前に途中解約するとなると、解約手数料として、9,000円が発生してしまいます。キャリアと違うのは、縛り期間が自動更新されない点で、13ヶ月以上利用すればいつでも解約できますし、違約金もかかりません。

IIJmioの評判

IIJmioのメリットを挙げるなら、サポート満足度の高さと老舗MVNOとしてのブランド力が挙げられます。顧客満足度調査で行われた、SIMアワードでの賞を受賞することからも格安SIMユーザーの投票で決まるので、IIJmioの顧客満足度の高さが証明されたと言えます。電話で直接サポートしてくれたりもするので、格安スマホへの乗り換えを躊躇している方も、安心して使えるMVNOであるといえます。

安定した高速通信と手厚いサポートが動画視聴にも

IIJmio(アイアイジェイミオ)がMVNOの中でランキング上位にきている理由を見ると、口コミの評価が高いのは まずイライラしない高速通信速度と初心者にも親切なサポートでした。顧客満足度調査でわかるようにIIJmio(アイアイジェイミオ)が総合部門で堂々の第1位を獲得しています。このことから、IIJmioは安心してオススメできるMVNOであると言えると思います。現在あるMVNOの中でも、老舗としてのブラント力が強いMVNOであると言えます。基本的に、口コミなどでの評価・評判の良いMVNOですので、今後、格安スマホを検討している人にとっては、必ず検討しておきたいMVNOだと言えるでしょう。

【キャンペーン情報】みおふぉんキャンペーン

Continue Reading