格安スマホ「楽天モバイル」 料金詳細と解約縛り・速度制限

楽天モバイル

楽天格安スマホのチェックポイント

楽天モバイルとは、格安SIMや格安スマホを取り扱っているサービスでMVNOの一つです。ドコモやauなどのキャリアから乗り換えてのご利用であれば、毎月の料金を大幅に減らすことができるサービスなのです。なんと月々わずか1,250円で利用できるという格安SIMが大変話題になっています。信頼の高いドコモ回線を使っている楽天モバイルは、繋がるエリアや通話の品質などもドコモのスマホと全く一緒です。さらに、楽天モバイル契約期間の間は、楽天ポイントが二倍になるサービスも魅力です。これから楽天モバイルへの乗り換えを検討している方の為に、楽天モバイルの料金や解約について、まとめましたので、ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

docomo回線のお得なスマホ!

通信費用がお得なことで有名な楽天モバイルですが、その特長はNTTドコモの回線を使っているところにあります。楽天モバイルと契約してもNTT docomoの回線を使用するため同じ通話品質を確保することができますし、サービスが使える範囲もdocomoと同じく広範囲で、圏外で使えなくなることも少なく信頼度は高いです。ドコモのほとんどのスマホが、そのまま楽天モバイルで使用できます。

楽天モバイルのSIMフリースマホをセット購入することも可能です。もし、現在docomoのスマートフォンをお持ちでしたら、楽天モバイルのSIMカードを契約するだけで楽天モバイルを利用できますので、わざわざ、スマホを追加購入する必要はありません。信頼のドコモの回線を使えて、今までよりも安価で利用できるお得なサービス、それが楽天モバイルの格安スマートフォンサービスです。

SIMフリースマホの種類がよりどりみどり

現在使用している機種が楽天モバイルで使えない場合は、新たに対応端末を購入することが必要です。楽天モバイルでは端末とSIMのセットを格安で購入することができ、他のMVNOに比べてとても豊富な機種を取り揃えてくれているのでとてもありがたいです。しかもスマホだけでなく、画面の大きないわゆるタブレット端末にも幅広く対応していますので、端末選びに不自由を感じることはないでしょう。ただ、そんな素晴らしい楽天モバイルですが、本体購入を分割払いできるのは、楽天カードを利用する方法しかありません。楽天カードを持っていないとなると、一括払いでしか購入が出来ません。数あるMVNOの中でも機種の豊富さはダントツな点は、大きな魅力です。

あまったデータ量の繰越

どのプランを選ぶかによってデータ通信量は異なりますが、データを全く使わない月もないわけではないでしょう。そういった場合に楽天モバイルでは、余った分を翌月に繰り越すことが出来ます。残ってしまったデータの容量を翌月に繰り越素ことが出来ないMVNOもあるので、繰越し対応というのが、楽天モバイルも大きな魅力のひとつと言えます。データ通信量も無駄なく使うのがベストですから、翌月繰越しは嬉しいサービスですね。

通話料金が半額で済む、楽天でんわ

楽天モバイルが手がけている電話サービスを「楽天でんわ」といいますが、そのメリットはこれまでの通話料金の半額で電話が使えてしまう所にあります。プレフィックス型通話サービスなので、IP電話とは異なり、発信元の番号がちゃんと相手方に通知されます。もちろん、相手方には、普段使っている携帯番号が通知されます。電話を受ける側からすれば、これまでと何ら変わりないやりとりになります。IP電話では番号を相手に通知することが出来なかったり、050番号が通知されてしまったりして、使い辛いと感じる事が多いと思います。その点、楽天でんわは非常に魅力的なのではないでしょうか。楽天でんわ利用時の通話料に対しても、楽天ポイントが加算されるので、より一層お得ですね。これだけじゃありません。

5分カケホーダイ

大手携帯キャリアのNTTドコモ、au、ソフトバンクが通話し放題プランを提供することで顧客を集めようとしているのに対し、MVNOでは、話し放題サービスを提供していないのがほとんどです。MVNOが出している格安スマホにはかなり惹かれるんだけど、かける回数が多いから電話代が跳ね上がりそうで心配だという人もいるでしょう。そんな人にもってこいのサービスが始まったのです。楽天モバイルに新しいサービス、月額850円で、国内通話であれば、始めの5分間が無料で何度でも通話できるオプションが登場が出ました。しかも、このオプションではIP電話を使わずに、電話回線を利用できるので、楽天でんわと同じく、電話をかけた側の電話番号通知に対応しており、特別な違いを感じることなく通話し放題プランを利用できることが一つの売りとなっています。通話し放題サービスはNifMoにもありますが、発信者番号を通知しないケースもあるようです。楽天でんわを使用した際には、通話料が1分21.6円であるため、もし1回5分以内の通話を月に合計で43分以上通話することが多い場合は、オプションを利用する方が賢い選択です。

最初のひと月は無料なのも嬉しい

SIMを楽天モバイルにおいて契約した場合、契約した最初の1ヶ月、無料で使えるということにあります。初めの1ヶ月とはいつを指すのでしょうか。SIMカードあるいはスマホ本体が、自分のところに到着した日を基準としますので、到着がが5月15日とすれば、その日から5月いっぱいのおよそ2週間です。もし1日にSIMカードが届いたのなら、1ヶ月丸々無料になるということです。しかし、お客様が今ご契約中の他社キャリアにおいての解約手数料・支払い・その他もろもろの手続きなどもおありと思いますので、月初めに届くことを逆算し、契約される事が、必ずしもお得になるとは限りません。ご利用は計画的に。

楽天モバイルの回線速度

楽天モバイルの通信回線は、0速度については、ドコモと同じ回線なので、速度の心配はいりませんね。そんなドコモの高速通信回線を格安で利用できてしまうのは、大手携帯3社や他のMVNOと比較しても、楽天モバイルの強みとなりそうですね。今後のMVOや格安スマホのサービスの成長がさらに広がり便利になっていきそうですね。

楽天モバイルの通信制御

キャリアもMVNOもそうですが、どの利用者も平等に通信できるようにするため、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けております。これは、ここ3日間のデータ通信の容量に応じで、定められた容量をオーバーした利用者には、読み込み速度が遅くなる低速モードになります。直近3日間の利用量が、決められた値よりも下がれば、自動で解除されます。この規定量は一般的な利用であれば、超えることはあまりまりません。料金プランごとの規定容量 3.1GBプラン=540MB/3日 5GBプラン=1GB/3日 10GBプラン=1.7GB/3日

楽天モバイルの月額プラン

楽天モバイルの料金プランや速度について、解説していきます。いまのスマホ代と比較しながら、どれだけ通信費が抑えられるか参考にしてみてください。どれだけ安くなるのか、月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

楽天モバイルの月額プランと初期費用

楽天モバイルの月額費用は、SIMカードの種類ってデータ通信しかできないものと音声通話もできる二つの種類があるんです。070や080、090といった番号を使用する場合は、音声通話可能SIMを使うことになるので、今使っているスマホと同じような使い方をしたい場合は、データ専用SIMは、携帯電話としての機能はないので、間違わないように注意してくださいね。音声SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円となっています。

ベーシックプランは、低速使い放題のプランとなっており、ベーシックプラン以外は、低速でなくLTEの225Mbpsの高速回線が使用できるプランとなっています。初期投資はどれも3,240円で、これに端末代がプラスされると考えてください。

楽天モバイルの解約制限について

楽天モバイルの解約縛りと解約違約金について、まとめましたので、ご紹介します。データSIMの場合、2年縛りのような拘束期間がありません。契約を解除したいと思ったら、余計な手数料を支払うことなく行えるのは嬉しいことですね。音声通話SIMは、最低でも12か月はご利用していただかなければなりません。一年以内に解約したい時には、手数料として9,800円を徴収されることになります。大手のキャリアでは、最低利用期間が終了しても、自動的に縛り期間が更新されてしまいますが、最低利用期間を終えての13ヶ月からは、違約金が発生しなくなるのが嬉しいです。

開催中のキャンペーンまとめ

Continue Reading